女優の深田恭子さん(38)が「適応障害」で休養7月期ドラマ降板

話題
スポンサーリンク

深田恭子さんが(38)が「適応障害」で休養!

所属事務所・ホリプロを通じて発表されましたね。

「私ども所属の女優・深田恭子ですが、昨年春頃から体調を崩しがちとなり、今月に入り医師より『適応障害』と診断されました」と報告。「これにより当面の間、治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます。これに伴い、予定されていた7月期のフジテレビ連続ドラマを降板することになりました」と伝えた。

適用障害とはどんな症状なのでしょうか?

適応障害とは、ある環境と自分の価値観のズレが大きいために、その環境に適応しようと努力しても適応できず、様々な不調を来たしてしまう障害のことをいうそうです。

 

心配ですね!いつも明るい笑顔でCMやドラマで活躍されていたのに・・・。

そこで適用障害とはどんな症状のことなのか調査してみました。

適応障害に特徴的な症状がない!?

自分の中の価値観・常識のギャップがあまりに大きすぎて、適応しようと努力しても適応できない場合などに適応障害が発症してしまうようです。

今の自分の価値観・常識とあまりにかけ離れているために適応障害を発症してしまうこともあり、そのため、適応障害は症状が重要なのではなく、「適応できない」ことで本人が苦しい思いをし不調が生じて、生活にも大きな支障がでてしまう状態になる

そのため「適応障害とはどんな症状が生じるか」と聞かれても、「ストレスが原因出現する症状であれば何でも」というのが答えとなり、特徴的な症状というのはあまりないのが特徴。

適用障害は症状よりも症状の経過が重要

適応障害で生じている症状は、環境に適応できないというストレスによって生じているので、その問題となる環境に置かれれば症状が出現し、その環境から離れると比較的速やかに症状が改善する。

適応障害の疑いがあるかどうかの2つの判断

適応障害は以下の2つの部分で自分ではっきりとした自覚があれば、適応障害の疑いがあると思われるそうです。

1.はっきり自覚できる大きなストレス源がある。

2.そのストレスを体験した後に、体調不良や精神状態悪化が顕著に見られるようになった。

適応障害にはその環境から離れる休養が大切

2つの判断で該当する場合はその環境か離れることが一番大切とのことです。

適応障害になりやすい人の性格は過剰な生真面目さ

  • 生真面目で几帳面
  • 心配性
  • 頑固で気が強い
  • 責任感が強い
  • 完璧主義
  • 仕事好き
  • 頼まれると断れない
  • 気が小さい
  • 周りの意見を気にする
  • 失敗や苦悩を引きずりやすい

まとめ

深田恭子さんが(38)が「適応障害」で休養

適用障害には特徴的な症状がない。ストレスが原因で「適応できない」ことで

本人が苦しい思いをし不調が生じて、生活にも大きな支障がでてしまう。

環境に適応できないというストレスによって生じているので症状の経過が重要。

適応障害の疑いがあるかどうかの2つの判断がある。

適応障害にはその環境から離れる休養が一番大切。

適応障害になりやすい人の性格は過剰な生真面目さ。

以上適用障害とはどんな症状なのかについて調査しました。

一日も早い復帰を待ちたいですが、休養が大切なのでゆっくり休んでください

ね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題
まこをフォローする
まこのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました