猫を飼うのに初期費用はどのくらいかかるのかご存じですか?

猫の飼い方
スポンサーリンク

猫を飼う際に必要な初期費用について紹介したいと思います。

猫をペットとして飼い始める際に必要となる初期費用はワクチン接種・健康診断

去勢・避妊手術にかかる費用が主な費用になります。

猫のワクチン接種・健康診断にかかる費用

愛猫を感染症から守るために、ワクチン接種は必要です。
ではその費用はどのくらいかかるのでしょう?

ワクチン接種費用 5,000円~10,000円ぐらい

そして定期的な健康診断が大事になりますが、そちらはどのくらいかかるのでしょう?

健康診断費用(地域や内容による)

5,000円~15,000円ぐらい。
オプションや血液検査を追加すると高くなります。

健康診断は5歳未満の健康な猫なら年に1回でも十分ですが、10歳を過ぎたら半年に1回くらいが理想です。

「ペットにかける年間支出調査2019」によると「ワクチン接種健康診断等の予防費」は12,814円/年となっています。

猫の去勢・避妊にかかる費用

猫の避妊手術の費用は、およそ15,000円から30,000円の範囲(日本獣医師会の調査/平成27年度)。

去勢手術の費用は、10,000~20,000円というケースがほとんどです。

去勢手術の方が簡単(おなかを開いての手術ではないので)避妊手術よりは安くなります。

その他に手術の前に行う術前検査や、去勢手術後の診察で5,000~10,000円程度の費用がかかります。

去勢、避妊 15,000円~30,000円ぐらい

また、どうしても費用の負担が難しい場合は、地方自治体によって去勢手術に対して補助金を出しているところがあります。

主に飼い主のいない猫を対象としたところがほとんどですが、地域によっては飼い猫を対象としている場合もあります。

しかし、予算が限定されているので、ほとんどは早い者勝ちだったり、最小限の手術内容だったりしますので、補助金制度を設けているかどうかや手術内容などを最寄りの自治体や動物病院に確認してみましょう。

猫は犬と違い市町村への登録は必要ありませんが、繁殖能力が高いことから生後1年以内にワクチン接種を受けるとともに、去勢、避妊手術を受けた方がいいですね。

他にも爪とぎやキャットタワーやケージなどもあると便利です。

信頼できる動物病院をみつけておきましょう。

かかりつけの動物病院があると安心です。

普段から健康診断など、よく通っている動物病院があれば避妊・去勢手術のときなどいろいろ相談できます。

猫と飼い主にとっていい動物病院をみつけておくと安心です。

ネットなどで口コミを調べたり、実際にその病院に通っている人の意見を聞いて参考にしておくといいです。

自宅から近いことも需要です。

猫の動物病院を選ぶポイント

1.家からの距離

かかりつけ医はなるべく家から近い距離にあったほうが安心です。

2.治療について説明してくれるか

愛猫が病気やケガをすれば、飼い主が不安なのは当然です。

治療方法や理由をわかりやすく説明してくれる獣医師なら、安心して愛猫を任せられますね。

3.病院内は清潔か

病院が古いなどはある程度仕方ありませんが、清潔さには診療の姿勢が表れています。

会計は明朗か動物病院は自由診療のため、診療費はそれぞれの病院で異なります。

他と比べて高すぎないか、明細はきちんと出してくれるか確認しましょう。

4.予約制かどうか

診察までの待ち時間は、猫にとって苦痛です。

予約制だと猫も飼い主も負担が少なくてすみます。

5.スタッフの対応がいいか

どんなに最新の治療を施してくれても、飼い主が不信感を持っていたら猫も不信になります。

6.セカンドオピニオンに対応してくれるか

猫の病気やケガが専門分野でない場合、他の病院を紹介してくれるかどうかも重要です。

医療設備が充実しているか医療設備がそろっていないとできない検査や治療があるため、設備の充実している病院なら安心です。

7.緊急時に対応してくれるか

緊急事態はいつ起きるかわからないので、できるだけ24時間対応してくれる病院は探しておきましょう。

かかりつけの病院で紹介してもらえるところがあれば、連携をとってもらえるのでさらに安心です。

ほかには

1.猫を優しく扱ってくれるところがいい
2.やっぱり口コミは大事です
3.多少遠くても良心的な病院が安心

などの意見があります。

初期費用とは別に必需品に毎年必要となる費用は

トイレなどの生活用品費用 約10,000円~
食費・おやつ      約50,000円ぐらい
トイレの砂         約15,000円ぐらい
おもちゃなどその他    約5,000円ぐらい
ワクチン接種       約5,000円ぐらい
健康診断         約5,000円~10,000円ぐらい

猫の生涯にかかる費用は

猫の平均寿命は15才

人間にすると76歳

猫の生涯に必要な費用はおおよそ合計で130万円ぐらいとなります。

一度にかかる費用ではなく、約15年にわたってかかる費用となります。

命ある生き物を飼育することになりますので、最後まで責任をもって飼う覚悟は必要になります。

 

まとめ

猫の初期費用を含め猫の寿命である15年間でかかる費用は130万前後。

かかりつけの動物病院があると安心。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
猫の飼い方
まこをフォローする
まこのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました